疲れ顔にサヨナラ!話題のクマ対策美容液ガイド

目元をケアして老け顔改善!クマ対策美容液総合ガイド

HOMEあなたはどれ?種類別・目の下のクマ改善対策室茶クマ

茶クマ

茶クマの原因と対策方法、スキンケアで取り入れたい美容液の有効成分についてまとめました。効果的なお手入れ方法もご紹介します。

茶クマの原因はズバリ「色素沈着」!

茶クマの主な原因は色素沈着です。そして色素沈着を引き起こす原因は以下の2つパターンです。

  • 「紫外線による日焼け」
    目の周りは意外と日焼けしやすい場所でありながら、紫外線対策を怠りがち。特にまぶたの下の涙袋と呼ばれる部分はふくらみがあるので日射しも当たりやすくなっています。きちんと日焼け止めを塗って予防しましょう。
  • 「刺激による色素沈着」
    アイメイクを落とす時に強くこすってしまったり、目がかゆくて無意識にこするというような物理的刺激によっても、色素沈着を引き起こします。
    目元の皮膚は他の部分に比べ非常に薄くデリケートなのでダメージも受けやすくなっています。このようなクセがないか、一度見直してみましょう。

茶クマに効果的なスキンケアはコレ!

茶クマ対策の効果的なスキンケアは「美白」「ターンオーバーの正常化」です。美白作用のある美容液を使ってお手入れしましょう。

おすすめの美白成分

  • ビタミンC誘導体
    ビタミンC誘導体(プロビタミンC)は、不安定で化粧品などへの配合が難しかったビタミンC(アスコリビン酸)を改良したもの。メラニン色素の生成を抑制し、できてしまったシミを薄くする働きがあります。
    また美白効果以外にもコラーゲンを増やす働きがあり、美肌のために積極的に取り入れたい成分です。さらに肌のターンオーバーを促し、新しく綺麗な肌を生み出す作用もあります。
  • ハイドロキノン
    「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンも美白には有効です。ただし、ハイドロキノンを扱う場合はいくつか注意点があります。ハイドロキノンは非常に強い成分なので、人によっては刺激を感じ炎症を起こす場合があります。濃度が高いからといって効果が高まるとは限りません。
    また、ハイドロキノンは不安定で酸化しやすい成分なので開封後は冷暗所で保管し1ヶ月程度で使いきることをおすすめします。また長期使用で白斑を引き起こす場合もあるので注意しましょう。効果が出やすい分、副作用のリスクも伴いますので使用する際は丁重に注意事項を守るようにしましょう。

日頃のスキンケアで気をつけたい3つのコト

日頃のスキンケアや食生活でも、少しの工夫で茶クマ対策は可能です。

  • アイメイクを落とす時は、専用のポイントメイクリムーバーを使用する
  • 目元は塗りムラが起こりやすいので、しっかりと日焼け止めを塗る
  • 紫外線をたくさん浴びてしまった時は、ビタミンCを含む野菜・果物をたくさん食べる。難しい場合は、ビタミンCのサプリメントやドリンクを摂取する

まずは、簡単にできることから、日々の生活に取り入れていきましょう。

目元のクマは、寝不足解消だけでは治らない!!
クマ対策美容液を徹底比較!

疲れ顔の象徴「クマ」といえば、疲労や寝不足が原因だと思っている人も多いはず。しかし!実はそれだけが理由じゃないんです。
目元のクマには3つ種類があり、血行不良や肌荒れによって起こる「青クマ」の他にも、色素沈着による「茶クマ」や肌のゴワつき、しわ・たるみによってできる「黒クマ(影クマ)」といったものがあります。
日頃のスキンケアでクマを撃退するなら、3つのクマすべてにアプローチできる美容液を取り入れるのがイチバン!TOPページでクマが目立たなくなると話題の美容液を集め、比較います。ぜひ参考になさってくださいね♪

目元が変わると評判のクマ対策美容液!徹底比較

疲れ顔にサヨナラ!話題のクマ対策美容液ガイド