疲れ顔にサヨナラ!話題のクマ対策美容液ガイド

目元をケアして老け顔改善!クマ対策美容液総合ガイド

HOMEあなたはどれ?種類別・目の下のクマ改善対策室青クマ

青クマ

青クマの原因と対策方法、スキンケアで取り入れたい美容液の有効成分についてまとめました。効果的なお手入れ方法もご紹介します。

青クマの原因は「血行不良・肌荒れ・乾燥」

青クマとは、目の周りの薄い皮膚の毛細血管が透けて青く見える状態です。血流が悪くなった時に目立ち、特に色白の人や冷え性の人に多く見受けられます。

主な原因は「血行不良」。睡眠不足や疲れ、運動不足、ストレスなどいくつか原因が考えられます。また、血流やリンパの流れが悪くなると、肌へも栄養が行き渡らなくなり、肌荒れや乾燥を引き起こします。肌荒れや乾燥が引き金となり、青クマが出現する場合もあるんです。

冷え性もなく睡眠もとれているのに青クマで悩んでいる方は、肌荒れが原因かもしれません。肌荒れの原因は乾燥ですので、しっかりと目元の保湿対策も行いましょう。

青クマに効果的なスキンケア

青クマの解消方法はとにかく血流をよくすることです。マッサージする場合は必ず美容液やクリームを塗って肌のすべりをよくしてからにしましょう。強くこすると今度は色素沈着を引き起こしてしまうので、薬指で優しく力を入れすぎないように行ってくださいね。

  1. 眉毛の流れに沿ってツボを押し、下まぶたも同様に目頭から目尻に沿ってツボを押します。
  2. その後、一気に老廃物を流すように目の周りをマッサージ。

ホットタオルで温めたり、ドラッグストアなどで販売されている温熱シートも上手に利用するとよいでしょう。

また、首や肩のコリの改善も青クマ解消につながるので、長時間のデスクワークの合間に軽いストレッチを取り入れるだけでも十分効果があります。

パソコンやスマホの操作など目を酷使する機会が増えましたが、目の疲れは青クマの大敵。適度な休憩も必要です。

仕事上どうしても長時間パソコンを利用する場合などは、疲れ目用の目薬やブルーライトをカットする眼鏡などのアイテムを駆使して、なるべく負担を減らすように心がけたいものです。

全身の血流を良くすることも大切なので、お風呂に入る時は湯船に浸かり、ウォーキングや適度な運動を取り入れるようにしましょう。そして喫煙は全身の血流を悪くするのでなるべく控えましょう。

青クマにはこの美容成分がGOOD!

スキンケアで使用する美容液やクリームは、血行を促進するビタミンKビタミンE配合のものがおすすめ。あわせて保湿もしっかり行いましょう。

青クマを和らげる栄養素は?

食事では血液をさらさらにするEPAが含まれた青魚を摂取するようにするとよいでしょう。

サプリメントでは、疲れ目や血行不良に働きかけるカシスブルーベリーなど、アントシアニンの含まれたものがおすすめです。

目元のクマは、寝不足解消だけでは治らない!!
クマ対策美容液を徹底比較!

疲れ顔の象徴「クマ」といえば、疲労や寝不足が原因だと思っている人も多いはず。しかし!実はそれだけが理由じゃないんです。
目元のクマには3つ種類があり、血行不良や肌荒れによって起こる「青クマ」の他にも、色素沈着による「茶クマ」や肌のゴワつき、しわ・たるみによってできる「黒クマ(影クマ)」といったものがあります。
日頃のスキンケアでクマを撃退するなら、3つのクマすべてにアプローチできる美容液を取り入れるのがイチバン!TOPページでクマが目立たなくなると話題の美容液を集め、比較います。ぜひ参考になさってくださいね♪

目元が変わると評判のクマ対策美容液!徹底比較

疲れ顔にサヨナラ!話題のクマ対策美容液ガイド